So-net無料ブログ作成
検索選択

来るべき宇宙戦争時代 [社会・環境問題]

こんにちは~ (*^_^*)/

Chinaがいよいよ宇宙へも本格的に進出です。きっと、「月は有史以来我が国の核心的利益だ」と言い出すに決まっています。尖閣や南沙諸島がそうだったように・・・・

-------------------------(産経MSN2011.10.6)

すぐに中国宇宙軍の時代が来る

中国軍事専門家・平松茂雄

 中国が、初の宇宙ステーション建設に向けた無人実験機、「天宮1号」の打ち上げに成功した。

 ≪宇宙ステーションが拠点に≫

  宇宙ステーションは、2020年の建設を目指して計画が進んでいる。「天宮1号」はそのひな型で、今後、3回打ち上げられる宇宙船とのドッキング技術を確 立する目的だとされる。13年には、中国初の女性宇宙飛行士が「天宮1号」に移動し、宇宙での植物成長の観察など各種科学実験を実施する予定だという。中 国はこれまでも宇宙での各種種子・苗の育成を実験している。宇宙には鉱物、太陽エネルギーなどの資源が無尽蔵にあるから、新素材の開発・加工・製造なども 行われるだろう。

 だが、今回の打ち上げには、宇宙ステーションの軍事利用という重大な意図も込められていることを見落としてはならない。宇宙ステーションは単なる科学実験室ではなく、宇宙軍が行動する舞台の一つにもなるとみるべきである。

  1980年代中葉のことだ。中国軍内で「国防発展戦略」と呼ばれる高度な戦略論が戦わされた。中国軍では当時、85年から3年間にわたりトウ小平が断行し た「百万人の兵員削減」を機に、全面的な改革・再編成が進行していた。この戦略論議は、それに伴う軍の新しいあり方を検討したものだ。中に次のようなくだ りがあった。

 将来の戦争は「地上での争奪を目的とした平面戦争」から、「空間の争奪を目的とした立体戦争」へと発展し、その「空間の争 奪」の一つの焦点が宇宙空間であり、「宇宙空間で優勢になった者が空間争奪戦を優位に展開することになる」。「空間争奪」という観点から、「今後の陸軍、 海軍、空軍は一体運用されるようになり」、今後の武装部隊は、大気圏外における単独の「宇宙軍」と、大気圏内で高度に統合化された「陸海空軍」に二分されるようになる。

 中国軍が、それまでの前近代的な軍隊からようやく近代的な軍隊に転換しようとしていた時期に早くも、宇宙ステーションを軍事拠点にすることを前提にしたような宇宙軍の創設構想を論じていたことは、長らく中国軍を観察してきた筆者にとっても衝撃だった。

 ≪すでに20年以上前からの着想≫

 当時、わが国では全く話題にもならず、防衛庁や自衛隊内で筆者が口にしても笑い飛ばされるのがおちだった。だが、これは中国軍の全面的で大胆な変革への烽火(のろし)にほかならなかったとみていい。

  それから20年余、中国はその方向へ着実に発展している。99年11月に、無人宇宙船「神舟1号」を打ち上げて回収し、以後、2001年1月、02年3 月、同12月と、立て続けに打ち上げ・回収を成し遂げた。これを受けて、03年10月には有人宇宙船「神舟5号」を打ち上げて回収し、05年10月、08 年9月と計3回打ち上げ・回収を重ねている。今回の「天宮1号」は20年までに打ち上げ予定の「神舟8号」、9号、10号と、それぞれドッキングして、宇宙基地を建設する計画だ。そこに宇宙軍が駐屯する可能性は排除できない。

 宇宙船は1日に十数回地球を周回でき、搭載された高感度カメラ で、米国、日本、台湾などの軍事施設に対する精密な偵察情報を収集できる。しかも、搭乗する飛行士を通して情報通信できるから、地上に対する指揮命令の伝達、コントロールも可能になるという事態を想定しておいた方がいい。

 他方、中国はレーザー兵器で米軍事衛星を攻撃して無力化することを意図して数回にわたり実験したものの、予期した成果を上げなかったようで、数年前にはミサイルで自国衛星を破壊する実験を行い、衛星の無数の破片を宇宙空間に飛散させる危険な行為である、と国際的非難を浴びた。有事には米偵察衛星を 破壊して、米国の軍事力を無力化することを目的とした実験だったのは間違いない。

 ≪宇宙空間に米国の弱点見出す≫

 中国がこのように宇宙を軍事利用しようとしているのは、米国と戦って負けないためには何が必要かとの発想を起点としている。

  中国は、米国に対してがっぷり四つの戦いを挑むことなど考えてはいない。どうすれば、米国の弱点を突いて打ち破ることができるか日夜、懸命に考え抜いてい る。たどり着いた結論のひとつが、米軍事力は宇宙経由の情報や指示によって動いているから、軍事衛星を破壊すれば機能不全になる、という考え方だったのであろう。

 中国軍に宇宙兵器が装備され、関連した技術を有する軍人・専門家から成る宇宙軍が創設され、宇宙に軍事拠点が築かれて、中国がそれを足がかりに動く日は、それほど遠い将来のことではない。

 わが国も、宇宙開発には多額の国民の血税を注ぎ込んでいるわけだから、中国が宇宙を軍事利用する近未来への備えを、例えば米国などと共同で検討し始めるときに来ているのではないだろうか。

 中国が台頭し進出するに連れ、わが国の安全保障を支えてくれている米軍のアジア・太平洋地域での存在は、相対的には低下してくるという長期的傾向に、わが国は正面から向き合う必要がある。(ひらまつ しげお)

-----------------(以上引用終わり)------------------

上の記事で指摘している衛星破壊実験についての詳細記事は、次の通りです。

-----------------------------------(AFP BB News 2007年01月19)

中国が人工衛星撃墜実験に成功

塩崎官房長官が懸念を表明

China関連002.gif

写真は、珠海市で開催された「6th China International Aviation and Aerospace Exhibition」で展示された、中国のP12型戦術ミサイル。今回中国が使用したミサイルは未確認。(c)AFP/Ted ALJIBE

東京 19日 AFP】中国が弾道ミサイルを使った人工衛星の撃墜実験に成功したことが18日、明らかになった。これについて日米とオーストラリアは19日、重大な懸念を表明した。

 米国政府によると、中国は11日、高度約800キロにあった同国の老朽化した気象衛星を、四川省西昌の衛星発射センター付近から弾道ミサイルを発射して 破壊した。人工衛星の撃墜実験を行った国は、冷戦時代の1980年代に米国と旧ソ連が行って以来、中国が3番目。米国とロシアは、大量の残がいが発生する ことから、実験を停止している。

 実験の成功は、日・米・露・イスラエル・欧州が打ち上げたスパイ衛星を中国が撃墜可能であることを証明したことになる。

 中国の近年における軍事支出の増大に危機感を抱いている日本政府は、ただちに中国を非難。塩崎恭久官房長官は、19日午前の記者会見で、「宇宙の平和利用と安全保障の観点から懸念を持っている」と述べた。米国政府もただちに実験を非難し、英国と韓国も憂慮を示すだろうと示唆した。

 中国国防省のスポークスマンは、AFPに対し、「実験については関知していない。メディアは伝聞証拠を流しただけ。事実を確認する時間もない」と語った。

 実験は、米専門誌エビエーション・ウィーク・アンド・スペース・テクノロジー(Aviation Week and Space Technology)の電子版が最初に報じ、米国政府もこれを確認した。
 
 今回破壊された気象衛星は、1999年に打ち上げられたもの。

 中国は2003年、米国と旧ソ連に次ぎ、有人宇宙飛行も成功させている。

----------(以上引用終わり)--------------

まだ、この頃は自民党政権だったから、実験に抗議できたんですよね。「中国様」と媚びを売ることしかできない現民主党政権では、お追従を述べるのがせいぜいでしょう。

------------------------------(産経新聞 2011.10.3)

天宮1号 宇宙に覇権主義は禁物だ

 ここまで来たかという感懐と同時に、これからどう進んでいくのかという危惧の念を抱かせる成功といえる。

 中国が宇宙実験機「天宮1号」を先月30日、地球を回る軌道に乗せた。“中華宇宙ステーション”建設の第一歩となる打ち上げだ。

 11月には宇宙船「神舟(しんしゅう)号」を無人で飛ばし、天宮1号とドッキングさせる。成功すれば小規模で無人だが、宇宙ステーションの原型の出現である。

 ドッキングは、その後も繰り返され、2020年ごろには宇宙飛行士が長期滞在できる60トン級の有人ステーションを完成させる計画だ。中国は米露に続いて宇宙ステーションを建設、運用する宇宙大国への道を歩み始めた。

 「宇宙利用は平和目的」と今回、中国は宣言しているが、全面的に信用することは難しい。4年前には軌道上の人工衛星を地上からのミサイルで破壊する示威的実験を行い、無数の危険なデブリ(破片)を宇宙空間にばらまく暴挙に及んだ例がある。

 中国には節度ある宇宙活動を注文したい。宇宙ステーションは軍事目的にも使える。他国に脅威を与えるような方向に発展させることは厳に慎んでもらいたい。

----------------------(以上引用終わり)--------------

こういった記事を、「蛙の面に小便」,「馬耳東風」っていうんでしょうか。まあ、ソマリアの海賊に向かって「海賊は公海の安全を乱すから止めなさい」と言っているようなもので、各国が軍艦を出して海賊船を潰していったように、結局は力で対処するしかないのではないでしょうね。言葉が無力なことは、日頃から「自衛隊の海外派兵反対」と叫んでいるピースボートでさえ自衛隊の護衛艦に守られてソマリア沖を航行したのですから・・・・

そして、この蔭には国民の犠牲を顧みない強引な開発がありました。

さすがは一党独裁の共産国。全体主義でなければ、とてもこんな無茶な開発はできません。 革新系の影響が強い沖縄や近海の人たちには「中国がやってくれば、中国人になれば良いさぁ」なんて、暢気なことを無邪気に話す方が多かったですが、チベットや東ウィグルの先住民の方々がどんな目に遭っているか、考えられた方が良いでしょう。

Chinaだけじゃなく、ヨーロッパ人に支配された南米の先住民オーストラリアのアボリジニの人たちはどうなりましたか?

そうならない為には、民主党を政権から一刻も早く引きずり下ろして、軍備を整えるしかないのではないでしょうか[ひらめき]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

小沢一郎起訴の次は当然菅直人の起訴ですよね!! (外国人献金と外国人参政権・朝鮮学校無料化) [社会・環境問題]

こんにちは~ (*^_^*)/

政治家に金品を送って便宜を図って貰うのが賄賂罪((公権力の行使に関して何らかの便宜をはかってもらうために、金品などを提供する賄賂による職権濫用・法律違反に関する犯罪)です。

民主党の議員が在日朝鮮人から献金を受けて外国人参政権を立法化しようと動く。これって、歴とした賄賂罪に当たると思うのですが、皆さんのお考えは如何ですか[exclamation&question]

しかし、不思議なことに、マスコミも野党側もこの点を追求しないのはなぜでしょう。ロッキード事件より、国民の主権を揺るがす大きな問題だと思うのですが・・・・

------------------------------------(産経新聞2011.10.5)

菅氏不起訴 外国人献金お咎めなしか

 政治資金規正法で外国人からの献金は禁止されているのに、「外国人とは知らなかった」と主張すれば罪に問われない。こんなことでは外国勢力の影響力を排除することなどできず、規正法はザル法に陥ってしまう。

 菅直人前首相の資金管理団体が在日韓国人男性から104万円の献金を受けていた問題で、東京地検特捜部は前首相に対する規正法違反罪での告発について不起訴処分(嫌疑なし)とした。同じく在日韓国人献金が判明した野田佳彦首相や前原誠司民主党政調会長も「知らなかった」で乗り切ろうとしている

 総務省政治資金課が、禁止規定の適用には「罪を犯す意思がない行為は、罰しない」とする刑法の規定も合わせて考えると解釈しているからだろう。検察側が「故意を認める理由がない」と不起訴にしたのも同様の判断だ。

  だが、それでは法の趣旨に反しよう。外国人や外国法人からの寄付について「政治活動に関する寄付を受けてはならない」というのが規正法の規定だ。3年以下 の禁錮、50万円以下の罰金などの罰則を設け、処罰されれば公民権停止の対象となる重大犯罪に外国人献金を位置付けている

 いかにして国家主権を守るかという観点から禁止規定の運用を考えるべきだ。その意味で、民主党などが「寄付をしてくれる相手に、いちいち国籍を確 かめるなど困難だ」と主張するのはまったくおかしい。政治家にとって、献金元がどういう人物かを確かめるのは当たり前のことだ。

 外国人献金が違法と咎(とが)められない方向で法律を改正しようという動きがあるのも到底、容認できない。民主党は代表選で在日外国人の党員・サポーター投票を認めている。外国人献金を受けやすい素地を自ら作っているのだ。

 規正法は、政治資金収支報告書の虚偽記載などの違法行為について、故意ではなく「重大な過失」でも罰する規定を持つ。鳩山由紀夫元首相の元政策秘書も重過失で罰金刑を受けた。抜け道を作らないよう法の見直しも必要だ。

 菅前首相は韓国人男性に返金した領収書の提出を国会から求められながら応じていない。首相辞任でうやむやにすることは許されない。野田首相も「調査中」として先送りしている献金受領の経緯説明を早急に行うべきだ。

     ガラガラポン-松下政経塾-201110264SAPIO.gif

----------------------------------------(産経新聞2011.9.5)

民主に蔓延する外国人献金 判明分は氷山の一角か

 野田佳彦首相の資金管理団体が在日本大韓民国民団(民団)関係者ら在日韓国人2人から政治 献金を受けていた問題は、民主党に外国人献金が蔓延している実態を改めて浮き彫りにした外国人参政権導入を「党是」とする民主党に、在日外国人が“資金援助”をしている構図だ。外国勢力による政治への介入の余地を生む外国人献金。専門家は「判明分は氷山の一角ではないか」と危機感を募ら せている。

 「日本国籍の方から献金をいただいているという前提で(政治資金収支報告書を)公開している。事務所内であえて再調査したということはない」 

 今年3月、外国人からの献金が発覚して前原誠司外相(当時)が辞任した直後の参院決算委員会。当時、財務相だった野田首相は自身の政治団体に外国人献金はないことを強調した。だが、資金管理団体「未来クラブ」(千葉県船橋市)が平成10~15年に、在日韓国人2人から計31万8千円の献金を受領していたことが産経新聞の調べで判明した。うち1人は、民団支部で役員を務めていたことも分かった。

 衆院議員の元秘書は「首相を目指すなら、積極的に再調査するなど、徹底して危機管理に努めるべきだった」と苦言を呈した。

    crm11090508030002-p1.jpg

 過去に発覚した外国人献金の“受領主”の大半は、民主党議員だ(上表)。

 民主党は、結党時の「基本政策」に永住外国人への地方参政権(選挙権)付与を盛り込んでおり、党内には賛成派議員で組織する「永住外国人法的地位向上推進議連」もある

  一方で民団は、選挙などで民主党を積極的に支援しているとされる。野田首相自身も21年10月、千葉県で催された「韓日友好イベント」で、政権交代を果た した衆院選について、「千葉民団の皆さんの力強いご支援をいただき、心から御礼申し上げたい」などと謝辞を述べていた

 政界関係者は「在日外国人がリスクを冒してまで献金するのは、施策を実現してほしいからにほかならない。民主党側も彼らに配慮するあまり、献金のチェックが甘くなっていたのではないか。もたれ合いの構図そのものだ」と指弾する。

 野田首相側は献金について、「本人も事務所も知らなかった」と主張。ただ、献金した在日韓国人の1人は産経新聞の取材に、「選挙事務所立ち上げでお会いした」と、顔見知りであることを認めている。

 首相側が外国人と知りながら献金を受領した疑いも拭いきれず、詳細な説明が求められそうだ。

 高崎経済大学の八木秀次教授(憲法)は「これまでの判明分は氷山の一角にすぎず、民主党内に外国人献金がさらに浸透している可能性はある。外国人献金の多くは『通名』で支出されており、チェックが難しいゆえ、党として早急に対応を打ち出す必要がある」と指摘している。

外国人献金 政治資金規正法は、外国人や外国人が過半数の株式を保有する会社(上場5年未満)からの政治献金を禁じている。政治や選挙への外国の関与、 影響を防ぐための措置で、違反すれば3年以下の禁錮か50万円以下の罰金、罪が確定すれば公民権停止の対象となる。公訴時効は3年。

---------------------(以上引用終わり)-------------------

ガラガラポン-民主党の国民-201110054SAPIO.gif 

結局、民主党は韓国の犬だった、と云うことですね。日本人を騙して、在日の人たちに日本の国を売りさばく。 まさに、売国奴という表現がぴったりな方々です。

以下の3つは2011年09月26日 午後 の 国会中継「衆議院予算委員会質疑」 衆議院第1委員室

●小沢の秘書の判決を受けて,野田首相の韓国民団からの在日朝鮮人からの献金 等について追求

●在日朝鮮人,野田総理の首相就任前の発言と首相就任後の発言についてのギャップ(なぜ総理になったとたん、発言が180度変わるのか?)について,朝鮮人学校無償化,拉致問題  等について追求
●菅前総理の在日朝鮮人献金,民主党ぐるみで在日朝鮮人より献金を受けていること,野田総理の集団的自衛権についての考え方  等について質問・追求

民団の役員が日本の政治家に政治献金。日本の政治に介入する意図満々じゃないか。 一体どんな在日朝鮮人が単に日本の政治家への純粋なる好意だけで­献金するというのだ(You Tubeコメントより)

日本は既に侵略されていますね。お人よし日本人を巧みに利用して­、半島人は侵略を加速させます。(You Tubeコメントより)

民主党は、在日韓国人に対してだけでなく北朝鮮にさへ、政党交付金(つまり税金)から援助を行っています。

---------------------------------(産経新聞  2011/08/13)---

平成22年の金剛山歌劇団札幌公演のパンフレットに掲載された民主党北海道連の全面広告

総連系歌劇団に広告 民主北海道総支部連合会

 民主党北海道総支部連合会(北海道連)が平成13~22年にかけ、在日本朝鮮人総連合会朝鮮総連)傘下の金剛山歌劇団(東京都小平市)の札幌公演パンフレットに、税金が原資の政党交付金を使って広告を出していたことが12日、産経新聞の調べで分かった。民主党が間接的に朝鮮総連を支援してきたことになり、菅直人首相ら複数の民主党議員側が拉致事件容疑者の長男が所属する政治団体の周辺団体に献金していた問題に続き、北朝鮮側との密接な関係が浮上した。 政党交付金使途等報告書や関係者によると、北海道連は13年から22年まで17年をのぞき、歌劇団の札幌公演を主催する「実行委員会」に毎年5万~10万円を広告料として支出。使途等報告書に記載された実行委員会の所在地は朝鮮総連北海道本部と同じ住所だった。

 支出総額は計50万円だが、歌劇団の膨大な収益は朝鮮総連の重要な資金源と指摘されており、北海道連が広告を出したことで、他の企業などの広告主にも影響を与えた可能性がある。

 22年10月に開かれた札幌公演のパンフレットには、1ページ目に民主党の全面広告が載っており、「歓迎 金剛山歌劇団」という文字の下に、北海道連と道議会の民主党会派の名前が記載されている。パンフレットは非売品で、広告出稿団体などに対してのみ提供されているという。公安関係者は「当然、広告としての効果はあまりなく、広告費は歌劇団を支援するための支出という側面が強い」と指摘している。

 22年のパンフレットには、民主党の有力支持団体の連合北海道や北海道教職員組合(北教組)なども広告を出していた。民主党北海道連の保村啓二組織局長は政党交付金からの広告費支出について、「優れた海外の芸術を支援する目的で、継続して支出してきた。北朝鮮を支援するという意識はない」としたうえで、「(9月に予定されている)今年の札幌公演への支出については今後、判断する」と話した。朝鮮総連北海道本部と金剛山歌劇団からは、取材への回答は寄せられなかった。

     ◇

金剛山歌劇団 朝鮮民族の音楽や舞踊の普及を目的に昭和30年に在日朝鮮中央芸術団として設立。49年に現在の名称に変わった。北朝鮮は「唯一の海外総合芸術団体」と位置付け、49年に最高の栄誉とされる金日成勲章を授与したとされる。ホームページによると、団員数は70人で、朝鮮学校卒業生らがメンバー。日本や北朝鮮のほか、韓国中国、ロシアで公演を行っている。

--------------------------(以上引用終わり)----------------

拉致被害者家族の方々は、マスコミが「政権交代」と後押ししてバカ騒ぎするのを、さぞかし恨みに思われたことでしょう。なんたって、政権党になった民主党は拉致実行犯の釈放運動をした人間がたむろしている政党なんですから・・・

--------------------------(産経新聞より抜粋2011.9.26)----------------

さらば市民派のきれい事の正義

筑波大学大学院教授・古田博司

 チャンネルを回せば、そんな人がキャスターとして毎日出てくる。彼らは、自分の論理だけが論理だと思っている人々、自分だけが正義だと思っている不まじめな人々である。正義を既得権益のように振りかざす者ほど胡散(うさん)臭い。正義は時代によっても違う。16世紀フランスで聖バーソロミューの大虐殺が起 きた際にローマ教皇は祝砲を撃たせた。

(中略)

 市民派のきれい事の正義は終わった。まだ自分に正義があると思い込む彼らは、タバコ代を値上げしろとあがき、放射能が移ると嫌がって腕をさする。復興遅滞、政経不安で国民を苦しめ、朝鮮学校無償化をイタチよろしく最期に華々しく放った。彼らの世界を変えようとする意図はここまで卑俗に落ちたのであ る。

 「市民」という言葉はとうに薄汚れてしまった。それに気づかせてくれたことは、鳩山由紀夫、菅直人両政権の成果だった。日本は日本人 だけのものでないとうそぶき、子ども手当で外国人に十億円も垂れ流しした。マルクス・レーニン主義を奉じる主催者の市民団体に、専ら政党交付金が源とみられる莫大(ばくだい)な資金を環流させた。自衛隊を暴力装置と呼びつつ、逆に自分たちが階級支配の暴力装置となって国家を内側から破壊した。

  彼らのいう「政治主導」とは独裁であり、独裁を「民主集中制」と偽ったレーニンと同様である。彼らは冷戦の落とし子、旧社会主義勢力の申し子である。米軍基地を追い払おうとし、国防を危うくした社会主義国に内通し連帯して尖閣諸島沖漁船衝突事件のビデオを隠匿した電力供給を様々な手段で阻害し、資本主義経済を弱め、多くの有力企業を海外に追いやり日本経済を空洞化させた

 某市民派新聞も同類である。原子力ムラは戦艦大和の最期、「企業の国際競争力維持」を盾に脱原発依存を牽制(けんせい)する経済人は「国体護持」を叫んで終戦に抵抗した軍人、被災地の光景は米軍空襲による 焼け野原に見えると、反資本主義の意図を太平洋戦争の敗北になぞらえる社説を堂々と掲げた。

 ≪多くのこと教えてくれた失政≫

 だが、時代は変わった。なぞらえるべき過去はもはや太平洋戦争ではない。冷戦こそが焦点を当てるべき歴史である。某市民派新聞のプロパガンダは冷戦時の反資本主義勢力のそれであり古くさい。彼らの描く風景は、民主党の失政が東大安田講堂攻防戦の最期、脱原発依存を叫び日本経済を弱体化させる市民たちは、「マルクス・レーニン主義」を奉じ資本主義の滅亡を願った自称 革命家たち、焼け野原の光景は冷戦に敗れ荒廃した彼らの心象風景だと、そっくり言い返すことができるだろう。

--------------------------(以上引用終わり)----------------

野田総理や玄葉外相が韓国に招かれて行くそうだが、どうせ・・・­・『 歴史認識問題で「竹島の韓国による不法占拠」とある歴史教科書の­記述を書き直せ ! 』・・・とか、ありもしない『 従軍慰安婦の賠償の金を出せ! 』を要求するんだろうな!勝手やり放題の国だから・・・困ったものだ。(You Tubeコメントより)

まったく、同感ですね。ちなみに、在日の方、全てはこうとは云いませんが・・・・・・


胸に韓国旗をつけた男
「日本の女マワシたろか!コラ!」 朝鮮学校の関係者がレイプ予告
http://www.youtube.com/watch?v=J53DISMjHuc

「在日によるレイプ事件の実態」
http://www.anzwers.org/free/zainichi/

在日韓国人・朝鮮人による性犯罪
http://koreanscrime.zymichost.com/

国民が知らない反日の実態
http://www35.atwiki.jp/kolia

韓国は"なぜ"反日か?
http://peachy.xii.jp/korea/
http://www.eonet.ne.jp/~mitukiti/chon/top.htm
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/61.html
タグ:外国人献金
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。